2014年08月05日

パイロット版『マグマ大使』


©手塚プロ・ピープロ

初のカラー特撮番組として知られるマグマ大使
そのパイロット版は完成版とは全く違ったものになっていました。
それは…マモルくんの笛の形状が違ったり、マグマ大使の顔が演者の魚澄鉄也氏の顔に直接金粉を塗っただけという、とんでもない設定でした。

最終的にマグマ大使の顔は金色に塗装したマスクを付けるという設定になりましたが、パイロット版と比べて見ると違いが分かるようです
posted by あいこ好きの勇者プクリン at 18:13| Comment(0) | どれみ・プリキュア以外のアニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。