2016年07月04日

ディスクシステム発売から30年


©1986 Nintendo

1986年に任天堂から発売された、ファミリーコンピュータディスクシステム
今年(2016年)、ようやく30周年になりました。
ファミリーコンピュータディスクシステムはフロッピーディスクのようなソフトを使った、全く新しいファミコンの追加ハードとして有名になり、その大きな特徴として「書き換えシステム」が存在していました。
しかし、カートリッジの容量が大幅に増えたことが元でソフトの発売は大幅に減り、1990年代にはひっそりと消えてしまったようです。

発売からもう30年。今もディスクシステムを愛用するマニアは残っているそうなので、再びブームが来ることに違いはありません

関連サイト…ディスクシステム - いろいろ資料
http://www.geocities.jp/gponys/fmcmdskw.html
posted by あいこ好きの勇者プクリン at 17:50| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。